ホワイト・サンズ・ビーチの全権を握っているのが、同社のCEO兼マネージング・ディレクターであるグレゴリー・J・ピット氏(別名:ソンポン・リーカオ)です。ピット氏(別名:ソンポン・リーカオ)は英国に住む白人で、タイ在住でもアジア人でもありませんが、氏がタイ人らしい名前に改名していることが判明しています。その名前がソンポン・リーカオです。一体なぜピット氏は名前を変えているのでしょうか?

ホワイト・サンズ・ビーチのCEO兼マネージング・ディレクターである以外に、ピット氏(別名:ソンポン・リーカオ)はマッケンジー・スミス法律事務所と称する法律事務所の代表(マネージング・ディレクター)でもあります。しかし、ピット氏は弁護士ではありません。ピット氏がどこかの専門学校や大学を卒業しているとは考えられません。

マッケンジー・スミス法律事務所は法律の専門家としてロイヤル・サイアム・トラストの経営状態および信用状態に関する意見を述べていますが、同事務所はホワイト・サンズ・ビーチが契約する法律事務所でもありました。グレゴリー・ピット氏はホワイト・サンズ・ビーチ、マッケンジー・スミス法律事務所、そしてロイヤル・